クラブの歴史

1/4
「ミニゲームで創造性にトライ

1984年サッカーマガジン みつわ台FCに関する記事より

発足

 1979年、秋田信也(現東邦大学名誉教授)により、みつわ台フットボールクラブが発足。

1980年代

 訓練式の指導方法が主流だった時代に、「教えないで創造性を養う」指導方法を特徴に積極的に活動を開始した。

 創造性豊かな南米のサッカーの楽しみを取り入れようと、セルジオ越後氏らとともに「補欠を作らない。」「いい手本を見せる。」といった環境づくりを全国に展開。

1990年代

 少年たちは、創造性豊かなプレーで全国のミニサッカーの大会(現在のフットサル)で多くのタイトルを残した。

2000年代

活動は、一般まで広く行われ、一般でもサッカー千葉県リーグ一部。フットサル関東リーグに所属し、幅広く活動を続けた。

現在

 現在は、ベテランも活発な活動を続けている。

 

© 2023 by Mitsuwadai Football Club